ペン習字が大人におすすめの理由!社会人なら通信教育で習い事

ペン習字 おすすめペン習字

ペン習字は大人の習い事としておすすめです。

パソコンやスマホの普及で字を書く機会が減ったとは言え、まだまだいろんなところで字を書くことはあります。

特に社会人であれば履歴書から、送り状、申請書など様々な紙媒体が存在します。

そこで美文字で書くことができれば評価があがります。

「字なんかで評価が変わるの?」と思うかもしれませんが、字をバカにしてはいけません。

見てる人は見ています。

だから、大人にこそペン習字の練習で美文字の習得がおすすめなんです。

今回はペン習字がおすすめの理由から学習・練習方法から注意点までご紹介します。

社会人の習い事にペン習字がおすすめの理由

社会人におすすめの習い事の一つが、ペン習字です。

ペン習字を始めるメリットは、自分の書く字に自信を持てるようになること、そして誰でも気軽に始められることです。

習い事の中には、受講料以外に道具や材料費など、様々な費用が必要となるものも多くあります。

そんな中、ペン習字であれば必要となるのは描きやすいペンと紙程度のため、初期費用をかけず習い事を始めることができます。

さらに、ペン習字であればいつでもどこでも練習が可能です。

そのため、気軽にできる習い事を始めてみたいという場合は、ペン習字を選んでみると良いでしょう。

社会人がペン習字を学ぶ際におすすめの学習方法

ペン習字 おすすめ

ペン習字は、テキストがあれば独学でも学ぶことができるものです。

お手本を真似していくだけでも、字は綺麗になっていきます。

ただ、直した方が良い癖やより綺麗に書くためのコツなどを知らなければ、上達が途中で止まってしまう可能性があります。

より綺麗な字を書きたいのであれば、スクールや通信講座など添削を受けられる形で学んでいくことがおすすめです。

講師の添削を受けることによって、今後の課題が見えてくることになります。

さらに、講師のアドバイスによって劇的に字が上手くなる人というのも少なくありません。

そのため、ペン習字は添削がある形で学んでいくことがおすすめです。

\ここまで読んでくれたあなただけへのスペシャルオファー!

あなたはきれいな字が書けるようになりたいと思いませんか?

最近はパソコンとスマホばかりで、めっきり字を書くこともなくなったので、まぁいいか、と考えていると、いざ字を書かなければならなくなったときに困りますよ。

先日、私は字を書かなければならないことがあったのですが、あまりに字が下手だったために恥ずかしい思いをしました。。。

でも、ペン習字講座を始めたことでみるみる字が上達し、今では人に代筆を頼まれるようにまでなりました。

これは私だけが特別なのではありません。

会社の同僚も急に字が上手になったので、どうしたの?と聞いてみたらペン習字講座を始めていたのです!

ですので、あなたが少しでも綺麗な字を書きたいと思っているのであれば、私のように恥をかかずにすむよう、一日も早くペン習字講座を始めることをおすすめします。

がくぶんのペン習字講座は「日ペン」の監修・指導なので信頼できますし、無料で資料を請求するだけでも為になりますよ。

↓こちら↓からがくぶんをチェック!

がくぶんのペン習字講座の公式サイトはこちら

桐箱ケース付きの「硬筆手紙ペン」がもらえる、CMでおなじみのユーキャンもおすすめ!

↓こちら↓からユーキャンをチェック!

ユーキャンのペン習字講座の公式サイトはこちら

ペン習字を続けていくためのおすすめ練習法

ペン習字で上達を目指すためには、練習を続けていくことが大切です。

ただ、社会人になると仕事や私生活が忙しく、なかなかペン習字と向き合う時間が作れないと悩む人もいるでしょう。

そんな場合は、練習の記録をつけていくことがおすすめです。

練習をした日はカレンダーに丸をつけるなど、練習の状況が一目で分かるようにしておけば、ペン習字に対するモチベーションを保ちやすい状態を作れます。

さらに、本気で上達をするのであれば、自分なりの目標を持っておくことも大切です。

お手本のような字を書きたいなど、目標を持っておけばやる気を失うことなく練習を続けていくことができるでしょう。

おすすめのペン習字が本当に良いとは限らないって本当?

ペン習字を学ぶ際に、大切にしておきたいことが教材や講師との相性です。

多くの人がおすすめをしている講座やテキストであれば、間違いないと考える人も多いでしょう。

しかし、お手本として用意された字に魅力を感じなかったり、添削内容に対し不満を感じる状況であれば、字はなかなか上達しない可能性が出てきます。

この場合は、他のテキストや講座を探してみるなど、自分に合った勉強法を見つける努力をしてみると良いでしょう。

もしくは、ペンなどの道具を変えてみるということも有効です。

自分自身の手で、自分に合った学び方を模索することで、字がより上達しやすい状況を作ることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました