ペン習字を通信で始める効果についてポイントをまとめました!

ペン習字 通信 効果ペン習字

通信ペン習字の効果は習いたくなる背景

通信ペン習字を習いたいと思う方の背景は様々です。

また、通信講座で効果を得られるか否かも人それぞれです。

字をきれいにしたいと思うシーンはたくさんあります。

例えば、役所で字を書いた時に、自分の字のあまりの汚さに愕然とする、年賀状をもらった時に、あまりに美しい字で記載されており自分もそうなりたいと願う。

きっかけは色々ありますが、美しい字を書きたいという欲求は誰にでもあるはずです。

キーボードによるタイプがメインの現代人にとって、鉛筆やボールペン、そして万年筆などのペンを使って字を書くという行為は、楽しくもあります。

通信ペン習字の効果は教室型に比べたメリットにある

ペン習字  通信  効果

通信ペン習字の効果を考える際にメリットとなる点は以下の通りです。

家で学習できる

在宅勤務、リモート勤務が増えており、自宅でできる学習のニーズも高まっています。

通信学習であれば家にいながらにしてペン習字の技術を身に着けることができ、メリットの1つとしてあげることができます。

自分のペースで学習できる

通信講座のメリットは自分のペースで学習できる点にあります。

仕事の休憩時間に、家事の合間に、少しずつ自分のペースで学習を進めることができる点はメリットといえます。

添削が記録に残る

多くの通信型ペン講座では、添削してくれる手法が多いです。

そのため、手元に添削された記録が残り後で見返すことができるなどのメリットを得ることができます。

通信ペン習字の効果で教室型に比べたデメリットとは?

通信ペン習字の効果を考えるうえで、デメリットとなりうるのは以下の通りです。

直接的なコミュニケーションがない

通信型のペン講座の場合、多くのケースで書面のやり取りになります。

そのため、アドバイスをリアルタイムに受けることができない点はデメリットになります。

講師・生徒との「ふれあい」が少ない

実際の教室に通うことに比べると、講師や他の受講生徒との接点がない点はデメリットといえます。

きれいな字を書く先生が、どんなペンを使っているんだろう。

同じ目的で集まった仲間と、苦労話や上達のコツを共有したい。

そんな目的を望む場合、通信型のペン講座を選択しないほうが良いといえます。

ペン習字を通信で始める効果のまとめ

通信ペン講座について、ペン習字を選択する背景とともに、メリット・デメリットについて解説してきました。

多くの人にとって、きれいな字を書けるようになることは、楽しい体験になるはずです。

また習字による上達の効果を自分で感じたり、他人から褒められた場合は、その楽しさは数倍に膨れ上がることでしょう。

特に、時間の限られた人には通信講座という柔軟性のある選択肢が用意されています。

字が汚くて恥ずかしい思いをした、もしくは悩んだことがある人は、通信ペン講座の受講を検討してみるとよいのではないでしょうか。

まずチャレンジを始めてみる、その一歩が大切です。

タイトルとURLをコピーしました