ペン習字の必要性は漢字を美しく見せることが最大の目的なのか?

ペン習字 漢字ペン習字

ペン習字で漢字を美しく見せるのは、大人としての付加価値をつけること

ペン習字にて漢字を練習する必要性ですが、これは、ペン習字というものは、漢字を美しく見せるうえで大人としての付加価値を見せるためにペン習字を習う必要性があるのです。

簡単に言えば、きれいな文字をボールペンで書ける人物と美しいと言えない文字を書く人物とでは、印象が大きく異なりますので、きれいな文字を書ける人物のほうが好印象になるというわけです。

よって、ペン習字を大人が習うということは、他者と比較された際自分の得になるよう周囲に印象付けをも可能とするのです。

むろん、近年はパソコンというものを使用していますので文字を記す機会は少ないと思われているでしょうが、実はそうではなく、案外と結婚式だったりと肝心な大きなイベントごとは文字を記しますので人と大きく差をつけるのはこのポイントになるわけです。

ペン習字で漢字を練習することは社会でも役に立つ

ペン習字 漢字

ペン習字で漢字を練習することについては、社会においても役に立ちます。

なぜなら、ペン習字は書道と比較した場合、安価に文字の練習が可能で経費をあまりかけずに文字を美しく見せる訓練ができます。

しかもテキストなどについても同様に安価で必要な道具についてもボールペンのほか文字を書き記す練習帳があれば成立しますので、あとは文字をきれいに書くために何度も練習をするなど繰り返して練習をすることがとても重要になります。

なぜ、ペン習字が社会で役に立つかについては、きれいな文字を記すという行為自体が役に立つと言え、車内でパソコン以外で文字を記しているのであれば、きれいな文字が書けるというだけでも利点となるのです。

ペン習字で漢字がうまくなれば重要なポジションを貰る可能性も

会社によっては、文字がきれいであることで重要なポジションを与えられることも実はあり得ます。

というのも、企業同士でお手紙でやり取りをする場合、返信の言葉を書き記す際、ペン習字で漢字を練習していたのであれば、企業同士のお手紙でのやり取りの文字の返信作業を担うこともあり得るため、文字がきれいであれば、会社内の文字を書き記すという重要なポジションにつくことも考えられます。

逆に文字がきれいではない場合、会社側は企業同士のやり取りにおいての返信作業のほかに相手の企業の社員の方との契約を交わす契約書に文字を記すということですら、任せてもらえない可能性が高まりますので、文字がきれいに描けるというのはそれだけ利得なのです。

漢字も重要だがペン習字は平仮名の練習も可能

ペン習字についてですが、ペン習字は、実は漢字の練習のほか平仮名の練習も実は可能です。

平仮名は別に重要ではないのでは?という声ですが、ひらがなは漢字の文字を構成するうえでつなぎの文章になりますのでとても重要で、会社の契約書に文字を記すにおいては、漢字と平仮名の両者のバランスがとても重要です。

よって、漢字ばかりが着目されがちですが、実はひらがなも重要で小学校低学年の書道においてはまず平仮名をうまく描けるようになってから漢字を記す練習を行います。

したがって、漢字ばかりではなく、平仮名の練習をすることも会社で契約書に文字を記す際必要となるのです。

タイトルとURLをコピーしました