ペン習字の練習帳の選び方3つのポイント!おすすめ人気ランキング

ペン習字 練習帳 ペン習字

※この記事にはプロモーションが含まれています。

職場や冠婚葬祭の場で美しく書くために、ペン練習帳がおすすめです。

教室に通わなくても自宅やスキマ時間で気軽に練習できるため、忙しい社会人でも始めやすいのが特徴です。

ただ、お手本となる字や練習方法の種類が多く、どれを選べばいいか迷う人も多いでしょう。

そこで、ひらがなから漢字まで幅広く学べるペン練習帳の選び方と、おすすめの人気商品をランキング形式で紹介します。

効率よく学べる練習帳を選んで、美しい字を手に入れましょう!

ペン習字を始めるなら練習帳の選び方に気をつけよう

「自分の字に自信がない…」

「人に見られても恥ずかしくない字を書きたい」

そんな時に役立つアイテムが、ペン習字の練習帳。

人前で文字を書く機会が多い人は、できるだけキレイな字を書きたいと思いますよね。

しかしキレイな字を覚えるためには、我流でやみくもに練習してもなかなか上手にはなりません。

きちんとした正しいコツをおさえたペン習字をすることが大切です。

そこで重要となる、ペン習字を始める時の練習帳の選び方は3つあります。

  • 準備段階から丁寧に説明してあるか
  • 練習できる量とパターンが多いか
  • 自分がよく使う文章を練習できるか

それぞれ詳しく解説します。

ペン習字の練習帳は「準備」の解説が丁寧なものを選ぼう

ペン習字 練習帳

練習帳ももちろん大事です。

意外と盲点になりやすいですが、ペン習字を始めるうえで「正しい準備」から入ることは非常に重要です。

文字はひたすらに書き続ければ上達するというものではありません。

キレイな字を書くためには、まず正しい姿勢やペンの持ち方を習得する必要があるのです。

そのため、練習内容にばかり気を取られて、そもそもの基盤がおろそかにならないよう気をつけましょう。

練習帳を選ぶ時にも、始める前の「準備編」といったコーナーがしっかりと記述されているものがおすすめです。

準備についての解説が丁寧なものは、本編の内容もしっかりしているものが多いです。

\手っ取り早く字が上手になるとっておきの方法/

美しい文字を手に入れたいなら、通信講座が最適!

通信講座では上達できると信じていない人もいますが、それは通信講座の本当の効果を理解していないだけです。

以下↓から話題の「がくぶんのペン習字講座」を覗いてみませんか?美しい文字の世界が広がっていますよ。


ペン習字の練習帳は練習できる量とパターンが多いものを選ぼう

実際にペン習字を進めていくにあたって、その練習できる量とパターンの多さは大事になります。

ひとつの文字を1〜2回書いたくらいでは、体で覚えることはできませんよね?

まずはお手本に沿って書くことで正しい形を知り、その後に反復して自然と書けるように身につける流れになっている練習帳が良い練習帳と言えます。

また、マス目があるパターンと無いパターン、罫線があるパターンと白紙のパターンなど、さまざまなシチュエーションを想定して練習できるよう工夫されてあることが望ましいと言えます。

練習帳を選ぶ際は、このように練習内容が充実しているかどうかをよく調べて練習帳を選びましょう。

ペン習字の練習帳は自分がよく使う文章に合ったものを選ぼう

ペン習字をやる一番の理由は、人に見られる字をキレイにしたいからですよね。

自分しか見ない字をわざわざ練習しようと考える人はあまりいないでしょう。

そのため、練習帳を選ぶ時には「自分がよく使う文章が練習できるか?」をきちんと確認することが大切になります。

  • 職場の事務仕事で使う文章なのか
  • 手紙で書く文章なのか
  • 冠婚葬祭で使う文章なのか

このように自分の目的に合った文章をしっかりと練習できないと意味がありません。

また、最近は日本語のかなや漢字だけでなく、数字や英字も書く機会が増えています。

よく使用する人はそれらの文字も練習できる練習帳を選ぶと良いでしょう。

ペン習字の練習帳おすすめ人気ランキング

ここからはペン習字の練習帳のおすすめ人気ランキングをご紹介します。

美しく正しい字が書ける ペン字練習帳

書き込みやすい大判サイズ

ひらがな・カタカナ漢字・英数字と幅広い文字に対応。練習用紙は公式サイトからのダウンロードも可能です。

美しく正しい字が書ける ペン字練習帳

くせ字がなおる ペン字練習帳

くせを直すことができる練習

見本の文字をなぞって練習することで、くせのない美しい字を書けるようになる練習帳。くせ字診断がついているので、直すべきポイントを確認しながら進められます。

くせ字がなおる ペン字練習帳

中塚翠涛の30日できれいな字が書ける ペン字練習帳 特別版

1日2ページずつ進めていけば30日で完了

1回20~30分と短い時間で1日2ページずつ進めていけば30日で完了します。お手本をなぞってペン字の練習ができるタイプの練習帳です。

中塚翠涛の30日できれいな字が書ける ペン字練習帳 特別版

\手っ取り早く字が上手になるとっておきの方法/

美しい文字を手に入れたいなら、通信講座が最適!

通信講座では上達できると信じていない人もいますが、それは通信講座の本当の効果を理解していないだけです。

以下↓から話題の「がくぶんのペン習字講座」を覗いてみませんか?美しい文字の世界が広がっていますよ。


ダイソーのペン字練習帳は効果ある?

ダイソーのペン練習帳は、基本的な筆記体から行書、草書まで、様々な書体の練習用シートが収録されているので、ペン習字の練習に役立つことが期待できます。

また、100円という低価格で購入できるため、初めてペン習字を始める方や、気軽に練習したい方にもおすすめです。

ただし、練習帳を使うだけで上達するわけではなく、正しい姿勢や筆圧、筆の持ち方などの基本的な技術も身につける必要があります。また、練習の量や質にも注意が必要です。

練習する際には、時間をかけてゆっくりと、正しい姿勢で行うことが重要です。また、ペンの種類やインクの質にも注意し、書き味の違いに慣れるようにすると、練習効果も高まります。

練習を継続し、徐々に技術を向上させることで、ペン字の練習帳は効果的な練習道具となります。

\下手字で恥をかいたことがある人へのスペシャルオファー!

あなたは下手字で恥をかいたことがありませんか?

でも、美文字になりたいと思って独学で練習してもちっとも上手になりませんよ。

なぜなら下手字は自分では気がつけないから!

「いやぁ、見ればわかるでしょ」と思うかもしれませんが、では、どうして字がへたくそな人がこれだけ多くいるのでしょうか?

要するに下手な字は自分で直すのは難しいのです。

だからと言って書道を習いに行く必要はありません。

通信講座で十分なんです!

通信講座なんかで上手になるはずがない、と思っている人は多いのですが、それは通信講座を知らない人の完全な誤解です。

なぜなら、通信講座に添削サービスがあることを知らないから!

人は具体的にどこがダメなのかを教えてもらえないと自覚できない生き物です。それをこの添削サービスが指摘してくれるので上達するわけです。

これが独学で練習しても上達しない理由です。

通信講座は添削サービスがあるものであればどれでもよいですが、がくぶんのペン習字講座であれば「日ペン」の監修・指導なので信頼できますし、無料で資料を請求するだけでも為になりますよ。

↓こちら↓からがくぶんのペン習字講座をチェック!

がくぶんのペン習字講座の公式サイトはこちら

桐箱ケース付きの「硬筆手紙ペン」がもらえる、CMでおなじみのユーキャンもおすすめ!

↓こちら↓からユーキャンのペン習字講座をチェック!

ユーキャンのペン習字講座の公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました