ペン習字のお手本でカタカナをうまく書くことができるようになるのか?

ペン習字 漢字ペン習字

カタカナが上手に書けるようになりたい場合に、ペン習字を練習するのは効果的なのでしょうか?

ペン習字の講座というとひらがなや漢字というイメージが強いですが、カタカナも上手に書けるようになるのかについて調べてみました。

カタカナだけの文章というのはなかなかないですが、和製英語などはカタカナで表現することが多く、意外にカタカナが使われることは多いです。

でも、そのカタカナを上手に書けないと、文章全てが台無しになることも。

そこで、カタカナをきれいに書けるようになるには、どのような練習をすればよいのか悩むわけですが、ペン習字がカタカナの練習に良いらしいという話が。

今回はペン習字でカタカナが上手に書けるようになるのか?について調べてみました。

カタカナはクセがあるためペン習字で書き方を覚えよう

カタカナの文字をきれいに書くコツは漢字と同じような感覚になり、「とめ・はね・はらい」を意識することが大事です。

ペン習字であればカタカナの書き方のコツをつかむことができます。

そして、ペン習字講座を受ければプロに教えてもらえます。

しかし、ペン習字の通信講座などを受ければ費用がかかり時間を確保する必要が出てきてしまいます。

そのため、独学できれいなカタカナを書けるようにしようと考えると思います。

独学ペン習字を学ぶのであれば見本を使うことをおすすめします。

書き方を覚えるためには何度も練習してコツをつかみ、納得できるまで続けるとイメージどおりの文字になります。

カタカナはひらがなと違って漢字に近い形や構造のため、バランス良くきれいに書くためにはある程度の練習が必要です。

ペン習字の講座でカタカナの書き方は教えてもらえる?

ペン習字 アプリ

ペン習字の通信講座であればプロに教えてもらうことができますが、ある程度の費用がかかるため失敗をしないように決めたいところですね。

ペン習字の通信講座で習う内容は、カタカナ以外にもひらがな、漢字があり、縦書きと横書きにも対処できます。

カタカナを書くときは斜めのはらいを意識すると見栄えが良くなりますが、慣れるまでにはある程度の練習が必要です。

通信講座であれば実際に字を書いて添削を受けることで第三者の目で見てもらえ、改善すべきポイントを指摘してもらえます。

字をうまく書けるようになるためには改善すべきポイントを確かめ、直すように意識して練習をするよう心がけると効果的です。

\ここまで読んでくれたあなただけへのスペシャルオファー!

あなたはきれいな字が書けるようになりたいと思いませんか?

最近はパソコンとスマホばかりで、めっきり字を書くこともなくなったので、まぁいいか、と考えていると、いざ字を書かなければならなくなったときに困りますよ。

先日、私は字を書かなければならないことがあったのですが、あまりに字が下手だったために恥ずかしい思いをしました。。。

でも、ペン習字講座を始めたことでみるみる字が上達し、今では人に代筆を頼まれるようにまでなりました。

これは私だけが特別なのではありません。

会社の同僚も急に字が上手になったので、どうしたの?と聞いてみたらペン習字講座を始めていたのです!

ですので、あなたが少しでも綺麗な字を書きたいと思っているのであれば、私のように恥をかかずにすむよう、一日も早くペン習字講座を始めることをおすすめします。

がくぶんのペン習字講座は「日ペン」の監修・指導なので信頼できますし、無料で資料を請求するだけでも為になりますよ。

↓こちら↓からがくぶんをチェック!

がくぶんのペン習字講座の公式サイトはこちら

桐箱ケース付きの「硬筆手紙ペン」がもらえる、CMでおなじみのユーキャンもおすすめ!

↓こちら↓からユーキャンをチェック!

ユーキャンのペン習字講座の公式サイトはこちら

ペン習字のカタカナはひらがなや漢字と組み合わせて読みやすく

ペン習字で文字の書き方を覚えるためにはカタカナ自体は使う場面が限られ、ひらがなや漢字と組み合わせて読みやすくする必要があります。

カタカナは48文字しかなくア行からワ行に加えて「ン」までのそれぞれの文字の書き方を理解し、大きさや間隔を整えるようにすることが重要です。

文章においてひらがなをあえてカタカナで書くこともあり、見た目が違うために目立つことで相手にうまく伝わりやすくなります。

しかし、カタカナだけで構成される文章は実際にはないため、ひらがなや漢字と組み合わせて読みやすくなるように書き方のコツをつかむことが大事です。

ペン習字でカタカナを独学で練習するには?

カタカナは文字数が少なくて使う場面が限られ、文章の中でバランスが悪くなって悩むこともあります。

書き方を学ぶためにはペン習字の講座を受ければ良いですが、時間や費用がかかるため働きながら習うには厳しいです。

独学練習するためには見本シートまたは練習シートがあり、方眼用紙を目安に大きさや間隔を調整していきます。

文字を書くときは鉛筆を使えば失敗しても何度も消して練習でき、目習いと手習いを意識すると効果的です。

目習いは手本の形を正確に捉え手習いは指先を思い通りに動かし、同時に行うことで書き方のコツをつかめます。

カタカナの書き方のコツとは?

カタカナをきれいに書くのは意外に難しいものです。カタカナをきれいに書く書き方のコツについて解説します。

「カタカナ」は、最後が左払いで終わる字が多いため最後に書く左払いは、雑にならないよう、ゆっくりまとめるように書くのがうまく書くコツです。

また、筆順や線の方向、止めを正確に書くことも意識します。

カタカナは画数が少なく、角ばっているものが多い文字のため、バランスが取りづらく、書道経験者でも難しいと感じる人が多い文字ですが、字と字の間隔をつめて少し窮屈に書くとキレイに見えます。

以上のようなことを意識してカタカナを書けば美文字に近づけるようになること間違いありません。

タイトルとURLをコピーしました