ペン習字おすすめ教材の決定版!美文字が書ける教材とは?

ペン習字 教材ペン習字

ペン習字の教材はたくさん練習できるものがおすすめ

ペン習字は書いて練習してこそ成果が出てきます。

教材選びも実際に書いて練習ができることが大切です。

たくさん書けて、自分の癖を知って改善できることが、美しい文字を書くためには必須です。

そのために書くスペースが多く用意されている教材を選びましょう。

もし、気に入っている教材があるけど、練習回数がもう少し欲しいなら、自分でコピーしてしまうのも1つの方法です。

このようにペン習字は、まずは正しい文字を何度も書いて覚える、身に着けることが基本です。

このベースになる作業をできるように工夫されているものを選ぶようにしましょう。

ペン習字の教材に動画をおすすめする理由

ペン習字 教室

ペン習字の練習は多くが自分で自宅でするものが多いです。

その場合は自分の感覚で良いかきれいに書けたかになってしまいます。

いまいち本当にこれでうまくなったのかがわからないこともあります。

そんなときにも役立つ教材があると、客観的、具体的にわかるので効果的です。

例えば動画でプロが書いている様子を見ることができれば、書く時の流れや力の入れるポイントなども見てわかります。

自分の文字との比較もできるので、どこを修正したり練習すればいいのかがわかります。

自分ひとり練習しなくてはならない教材だと、実感が持てずに飽きてしまう可能性があります。

添削があるペン習字の教材が最強な理由とは?

通信教育などのペン習字なら、教材もノウハウが詰まっているのでわかりやすいです。

加えて合間に添削があるので評価を貰うことが可能です。

添削を提出するときには、前回よりもうまくなりたいと目標ができます。さらに評価を見ることで、どこが上達してどこがまだ改善できていないのかを知ることができます。

すると練習の取り組み方や意識するポイントが変わってきますので、より改善できる質の高い練習ができるようになります。

ペン習字も人に言われて気づくこともありますので、添削があればその機会がぐっと増えて上達スピードも高くなります。

続けやすい教材!これでペン習字で美文字が書けるようになる

ペン習字も続けていくことが一番の上達の近道です。

しかし、忙しい毎日の中で続けてコンスタントに練習するのは難しいです。

そこで教材の力が必要です。

教材もやるべき量がわかりやすいと、続けやすいですし管理もしやすいです。

例えば1日1ページとか、今週はこの例文をマスターするなど明確なスケジュールがあると、限られた時間の中でもペン習字の練習をつづけやすいでしょう。

また、やるべきことが自分の生活リズムや費やせる時間と比べて、多すぎないことも重要です。

続けること、途中で面倒にならない程度に考えられている教材を選ぶと負担なく続けられます。

タイトルとURLをコピーしました