ペン習字の検定試験!美文字が書けるようになる資格とは?

ペン習字 検定ペン習字

ペン習字の検定試験と言えば硬筆書写技能検定です。

この硬筆書写技能検定を受ければ美文字が書けるようになれるのでしょうか。

世の中には検定試験に合格はしているものの、全然知識がなかったりという人も多くいます。

ペン習字の世界ではそのようなことはないと思いますが、硬筆書写技能検定で合格している人の文字が実際きれいなのでしょうか。

また、何を取れば美文字になれるのか、履歴書に書いたりすることや仕事で使える資格なのか?などについて紹介しています。

ペン習字をしているもしくはこれから始めようとしている人の参考になれば幸いです。

ペン習字の目標!美文字が書けるようになる硬筆書写技能検定とは?

手紙や履歴書の作成などの際に印象が良くなる文字を書きたい、そんな願いを叶えてくれる習い事が、ペン習字です。

ただ、美文字、綺麗な字に対する憧れはあっても、具体的な目標がないと頑張れないという人もいるでしょう。

そんな場合は、硬筆書写技能検定を目指してみると良いでしょう。

硬筆書写技能検定とは、ペン字検定という名前で始まった検定試験です。

は6から1に分かれており、その中には準2と準1というも用意されています。

鉛筆は勿論、ボールペン万年筆などの筆記用具を使って試験を受けることができます。

硬筆書写技能検定は、履歴書にも書くことができる資格の一つです。

ペン習字で硬筆書写技能検定!級選びのポイント

ペン習字 検定

ペン習字で、硬筆書写技能検定試験を受ける際は、まず3を目指してみると良いでしょう。

3は、中学生・高校生程度の技術と知識があることを証明できるです。

美文字が書けるというある程度自信がついている場合は、高校生・大学生・一般社会人程度となる準2や2を狙ってみると良いでしょう。

履歴書に書いてアピールできるは、2以上と言われることが一般的です。

美文字が書けるようになることはもちろん、就職や転職のためにもペン習字を習っておきたいという場合は、2以上を目指し練習をしていくことがおすすめです。

2を目指す場合も、3や準2などで検定の雰囲気を掴むことから始めれば、落ち着いて2の検定試験に挑めるようになります。

\ここまで読んでくれたあなただけへのスペシャルオファー!

あなたはきれいな字が書けるようになりたいと思いませんか?

最近はパソコンとスマホばかりで、めっきり字を書くこともなくなったので、まぁいいか、と考えていると、いざ字を書かなければならなくなったときに困りますよ。

先日、私は字を書かなければならないことがあったのですが、あまりに字が下手だったために恥ずかしい思いをしました。。。

でも、ペン習字講座を始めたことでみるみる字が上達し、今では人に代筆を頼まれるようにまでなりました。

これは私だけが特別なのではありません。

会社の同僚も急に字が上手になったので、どうしたの?と聞いてみたらペン習字講座を始めていたのです!

ですので、あなたが少しでも綺麗な字を書きたいと思っているのであれば、私のように恥をかかずにすむよう、一日も早くペン習字講座を始めることをおすすめします。

がくぶんのペン習字講座は「日ペン」の監修・指導なので信頼できますし、無料で資料を請求するだけでも為になりますよ。

↓こちら↓からがくぶんをチェック!

がくぶんのペン習字講座の公式サイトはこちら

桐箱ケース付きの「硬筆手紙ペン」がもらえる、CMでおなじみのユーキャンもおすすめ!

↓こちら↓からユーキャンをチェック!

ユーキャンのペン習字講座の公式サイトはこちら

ペン習字の検定試験に実技以外の勉強が必要?

ペン習字の検定試験では実際に字を書く実技試験だけでなく、部首の名称や書き順、草書を読むなどの理論試験をクリアする必要があります。

実技試験と理論試験の両方で合格点を出すことで、検定合格となります。

美文字を書けるようになることだけが目的でペン習字を習う場合は、毎日コツコツと字をなぞったり真似たりする練習を繰り返していくと良いでしょう。

ただ、検定を目標とする場合は、過去問を解くなど、理論試験対策もしておくことが大切です。

仕事の合間にペン習字を習い、検定合格を目指す場合は、試験を受ける日までのスケジュールを立てるところから始めておくことがおすすめです。

ペン習字の硬筆書写技能検定の合格率をチェック

ペン習字を習うことで目指せる硬筆書写技能検定の合格率は、によって大きく変わります。

人気が高い3は70%近い合格率となるのに対し、2の合格率は60%前後となります。

最も上の1に至っては、合格率が10%以下となることもあるなど、難易度はかなり高めです。

合格率を少しでも高めるためには、日々の練習が重要となります。

試験では、正確に綺麗な字を書くことは勿論、限られた時間で字を書く早書きのスキルも求められます。

実際の試験を想定した練習を繰り返しておくことで、硬筆書写技能検定に合格する可能性を高めていくことができるでしょう。

美文字を書くことができる証明になる資格とは?

美文字が書けることを証明できる資格というものは特にありません。

ですが、硬筆書写技能検定に合格していればある程度の評価はしてもらえます。

硬筆書写技能検定の何資格を持っていればよいの?というところですが、硬筆書写技能検定の3は中学生・高校生程度というレベルです。

できれば、準2は欲しいところですが、3でも持っていればそれだけでも美文字を書けることのある程度の証明にはなります。

まずは、美文字を書ける証明となる資格として硬筆書写技能検定の3取得を目指してみることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました